より高い効果を得るために。のぼり制作の際の注意点

色の使い過ぎには要注意!

沢山のお客様に見てもらいたくて、さまざまな色を使ってカラフルなのぼりを立てているお店を時折見ます。果たして、しっかりとお客様視点になって作成されているのでしょうか。私ならそのカラフルなのぼりは見るだけです。きれいなのぼりだなぁ…位でしょうか。色を増やせば増やしただけ、色々な情報が入ります。どれを注目して見ればいいのか分からなくなってしまいます。のぼりの根本は『目立たせる』ことが最も重要で、鮮やかにすることが目的ではないのです。
お店のイメージにもよりますが、出来るだけ離れた位置から見た時、のぼりが強調されている色にする事が大切です。お店の周りの景色と同系色にしてしまうと、のぼりが景色に隠されてしまい、あまり目立たなくなります。むしろ景色の反対色を使うようにしたり、原色をメインとした明るいのぼりを飾るとよく目立ちます。のぼりを作成する前に、お店から離れた位置で目立つ色を想像してみてください。

伝えたいことは少しの疑問を持たせる

のぼりを注文するにあたって、悩んでしまうのは売り文句、商品名です。お客様がのぼりを見るを前提にし、作成するのだから当たり前です。伝えたいことはお店側からすると山ほどあります。ついつい文字数を多くしてしまいがちになりますが、そこは我慢。もしもあなたがお客様視点で、のぼりを読んで気になったからお店に入ろう。と考えるかがヒントになります。
のぼり一杯に文字を入れたら読むの疲れちゃいます。だから読んだお客様に少しだけ疑問を持たせてあげましょう。売り文句を少なめにすることで、どんなのだろう?とお客様の想像を膨らませるようにしたらのぼり効果が発生します。お店に入ろう!と思ってもらうことが大切なんです。
色使い、売り文句、商品に対するイメージカラーなど考えますが、それで出来たのぼりにはお店の気持ちが入ります。お客様を呼び込める素敵なのぼり作りを楽しんでください。