お店をするならどんなのぼりが良い?デザインする際のポイントとは?

のぼりはカラーを気にするべし

のぼりを設置する場合には、そのデザインが重要になります。のぼり一つでそのお店から商品を買うかどうかが決まってしまうと言ってもいいすぎではありません。のぼりのデザインを考えるに当たり、重要なのはその色になります。実は、色彩を商売に応用している人も多く、色彩次第で顧客が増えるかどうかが決まると言うことが実証されています。
では、どのような色を利用したらいいでしょうか。結論から言えば、必ずこの色がいいというものはありません。その商売がどのようなカラーで行っているかと言うことです。例えば、情熱的な学習塾だとすれば、情熱を示す赤を利用するのがいいでしょう。また、選挙事務所なら表裏がなく潔白を示す白を基本として使うことが多いです。

色も派手ならばいいというわけではない

色彩にこだわるのは重要ですが、ココでひとつ勘違いをしてしまいがちな事があります。それは、のぼりを作るときには、できるだけ少ない色彩にすることです。あるいは多くても3色ぐらいの色合いにすると良いでしょう。虹色のように派手な色ならば目立つと言う理由から積極的に使う店主もいますが、お店のカラーと一致しなくなってしまいます。そのため、あまりにも多くの色を使うのは難しいのが現状です。
では、色以外のデザインはどうしたらいいでしょうか。最近はやっているのは写真を載せる事です。今までののぼりは色彩と文字で勝負をしていた部分が強いですが、のぼりにそのお店の一番のうりの商品をのぼりにプリントすると効果は一段と高くなります。